kokuden101のblog 趣味ログ支社 独り言:とくになし

  リンク集

 画像掲示板支社

 パス掲示板支社

 コンプ計画支社

 raicho485のblog

 raicho485のblog
(Yahoo!)

 ジョイフルトレインのblog

 福島急行のblog

 なはつきのblog

 yosisiaさんのblog

 White Blueのblog

 Tシャツにロックスター

最新記事
阪急 C#2075 …
03/31 09:17
阪急6000系C#6…
03/29 21:42
ありがとう489系号…
03/28 23:44
ありがとう489系号
03/27 14:36
TOMYTEC 鉄コ…
03/24 20:12
雪の京成押上線
03/24 10:05
雪の小田急線
03/21 21:00
GM 東武10030…
03/21 20:03
EF81-304号機…
03/19 04:13
雪の東上線
03/19 03:53
秩父鉄道 その2
03/01 19:50
GM 東武8000系
02/23 21:43
秩父鉄道
02/21 21:49
阪急9000系特急
02/19 21:04
小田急登戸駅にて
02/18 22:47
最近のコメント
ちょっと体力の限界を…
kokuden101 03/27 22:37
大変お疲れ様です……
nahatsuki 03/27 18:28
登録している人はいな…
mixi 03/25 18:49
残念ながらそれもわか…
kokuden101 03/25 08:59
EF81 303 3…
ゆう 03/24 20:57
>ゆうさん申し訳…
kokuden101 03/24 09:03
なんというテク・・。…
yosisia 03/23 22:51

ジオターゲティング
アクセスランキング
最近のトラックバック
SL北びわこ号、9月…
09/10 16:07
10月21日
10/21 21:03
10月21日(その2…
10/21 20:27
明日は筋肉痛
08/04 09:49
さよなら嵐山線の23…
03/19 13:00

帰宅

2010年2月11日6時00分~
富山に泊ったのは当然ながら夜行3本を早朝に撮れるからなのですが・・・見事に寝坊しました。起きたら薄ら明るかったし・・・

▲セントラムです。富山はLRTに力を入れていますね。日本のLRT普及の先駆者となるのでしょうか・・・?
この日も同じように天気が良くなかったので、大糸線は断念し、金沢方面へ。

▲金沢駅に居たらやって来た真っ青な475系A18編成。黄色やワインレッドはだんだんと見慣れてきましたが、(ワインレッドはむしろ好印象)、青色だけは未だに微妙ですね・・・
金沢駅までは普通で来たので、金沢から先も普通でゆっくり帰ろうと思っていたのですが、なんと、A10編成が止まっているではないですか。
さらにその隣にはサンダーバードも。このA10編成の雷鳥は、サンダーバードの後追いのような感じで大阪へ向かうので、せっかくのチャンスですしA10に撮って乗ることに。(改正後はまず乗ることが出来ないでしょうしね。)
なので、まず先発のサンダーバードに乗って福井へ。

▲新幹線工事の関係で構図が微妙ですがまあ・・・
この後、指定席車のサロ改造のサハに乗り、一気に大阪へ。(ホントはクロに乗るべきなんでしょうが、お金も無いですし、何より昔乗りましたので今回はパスです。)
そんなこんなで、昼過ぎに帰宅。ちょっと早すぎたかなあ・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 23:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

夜の富山駅

2010年2月10日18時30分~
富山駅で呑気に駅そばを食べていると、背後をキハ58が通過して行きました。
速攻で食べ終え、追い掛けると、かろうじてまだ停まっていてくれていました。

▲夜の運用に備えての越中八尾への回送ですね。
これが行ってしまった後、ちょっと富山地鉄の富山駅に行ってみます。

▲どうも入場券というものはないらしく、乗車するのもアレなので、改札の外からの撮影です。
むしろ4本並びを撮るには改札の外の方がいいかもしれません。

この後はホテルにチェックインし、ちょっと休憩します。
その後またホテルから出て、越中八尾から来るキハ58を撮りに行きます。

▲ま、朝とライトや幕が違うだけなんですけどね・・・
この後はすぐ帰って服を干して寝ます。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 22:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

大糸線へ

2010年2月10日12時00分~
どうも大糸線は記事を書く気にならないんですよね・・・
私はキハ52は昔近所に走っていたので思い入れがあるのですが、(松江から見て宍道が近所かどうかは微妙ですが・・・)単行列車や単機回送は私の苦手分野ですからね・・・
さらに大糸線に行く他の人はみんな上手いし・・・だから画像を載せるのは気がひけるんです・・・

でも、行ったからには記事にしましょう。下手な写真ですがご了承を・・・

▲糸魚川に行ったら早速こんなのが。キハ120の試運転を定期スジの合間を縫って走らせていました。
幕はまだ入っておらず、試運転の貼り紙つきです。


▲キハ120が南小谷方面へ行ってしまった後、こんな並びも実現しました。
右の首都圏色は南小谷から来てこれから入庫する車両、左の鉄道省色は出庫してきてこれから南小谷行きの運用に入る車両です。
去年来た時は東側から回って2番線に入線していたハズなので、新幹線工事の関係でルート変更があったから実現した並びのようですね。

この後は鉄道省色の方に乗車して小滝駅へ。
大糸線内は雨が雪に変わってくれると信じていましたが、そんな願いもむなしく雨が結構降っていました。

▲なんか・・・暗いですねえ・・・実際暗かったです。

▲ちょっと撮ってみたかったトンネルから出てくるシーン。まあまあか。
やはり本数が少ないのでこれで撤収です。小滝駅の待合室に帰りついた頃には全身ビショ濡れに・・・

▲糸魚川にて。トワイライトを流しで。
若干消化不良の感もありましたが、このまま居続けると確実に病気になりそうだったので富山に戻ります。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 22:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

高山本線のキハ58(高岡色)

2010年2月10日6時00分~
婦中鵜坂駅を降りて撮影地に向かうのですが・・・
とにかく暗い。前回(冬至直後)よりも確実に日の出は早くなっているのですが、それ以上に雲が光を遮っていました。
そして道が悪い・・・前回のパウダー系雪とは違い、今回は水も混ざって足を取られて非常に歩きにくい・・・速攻で靴下までビショ濡れになりました。
さらに雨降り・・・
え・・・霧の次は晴れるんじゃないの~?
とりあえず、西富山~府中鵜坂にある陸橋の下に雨宿りしながら、そこからほとんど動かず行ける撮影地で撮影する他に道がなくなりました・・・

▲晴れてたら余裕でバリ順だったのに・・・

▲雨が中途半端に汚く写ってしまいます・・・

▲まあこれは特に問題ないか。雨凄かったけど・・・

▲前回撮り逃した速星貨物。今回は原色の1153号機の牽引でした。
この時だけ雨が止んでくれました。


▲所変わって西富山駅。交換に時間がかかるので、撮ってから乗車します。
富山までの一駅間だけ乗車し、回送を見送った後、今度はまた糸魚川へ向かいます。
ただし前回の教訓から全区間北越で。(高くつきましたが、いつかのオレンジカードを使用しました。)
続く。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 23:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

霧の富山駅

2010年2月10日4時00分~

▲運良く、前の国鉄色とは違う高岡色の編成が来てくれました。
国鉄色に比べて若干地味な気もしますが、この編成の特徴はなんと言ってもキハ58のパノラミックウィンドウです。
最終増備車とは言えあっと言う間に消え去り、もはや残っているのはキハ65の二両とこのキハ58 1114だけだったハズです。

この回送が行ってしまうと、夜行3連続を撮るため移動します。

▲ちょっと前まで当たり前だったこの光景も、もう過去帳入りしてしまったんでしょうかね・・・?

▲と、言うわけで、霧の濃さがはっきりとわかる写真を一枚。
ビームがそのまま線になって、ピンとが合っているのかすら判らないという・・・
いい並びだっただけに、少し残念かな。

能登が遅れたおかげで高山本線の始発に乗り遅れ、仕方が無いのでキハ58は富山駅で撮影することに。

▲霧濃いな~。まあ、こういうのも雰囲気的には良いのかもしれません。でもねえ・・・
朝霧は晴れる予兆とも言いますし、(結構)期待して高山本線の普通列車に乗り込み、婦中鵜坂駅を目指します。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

再び北陸へ

2010年2月9日20時00分~
この時は卒業式休みだったのですが・・・なんで北陸行こうと思ったんだっけ・・・?まあいっか。
その番乗る予定だったきたぐにまで時間があったので、京橋で103系混色編成を40分待つも、来ず。仕方が無いので京阪へ。

▲8081Fが淀屋橋方面へ向かって行ったので特急で帰って来ると思いきや・・・
まさか寝屋川入庫の為普通で来るとは・・・
ま、貴重なモンが撮れました。(別に貴重でもないのかもしれませんが・・・)

飛んで大阪駅。この間に混色とすれ違ったのは・・・

▲白幕快速ですね。意外とよく見ます・・・
きたぐにに乗り込みます。また自由席ですが、前よりは混んでました。
京都を過ぎたあたりで寝て、金沢到着前に都合よく起きます。この日は定刻でした。

▲撮影する時間が十分にあったので、下りきたぐに・停泊雷鳥(A10)・上りきたぐに(遅れあり)の並びを撮影することが出来ました。下りきたぐにはほとんど写っていませんが・・・
そして定刻に富山着・・・はいいのですが、何かがおかしい。霧が濃い・・・てか濃すぎる。
続く。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 22:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

台湾

2009年12月29日~1月1日
年末年始を海外で過ごすとか、アホなんじゃないの?と思っていましたが、父曰く、「家族全員揃って旅行できるチャンスは今回しかないんだ」だそうで・・・
(ちなみに家族関係が崩壊しかかっているわけぢゃないです。妹が来年中学受験、自分も二年後に大学受験、祖父は齢80を越え、叔母は来年湘南の研究所に転勤、さらに両親はなかなか休みも取れないので、確かにラストチャンスでした。)
と言うわけで、旅費がハンパないのですが台湾です。
何故台湾なのかと言うと、父方の祖父が一時期赴任していたことがあり、父や父の妹にはなじみの深い土地であったからです。(祖父は台湾武田薬品工業の社長だったとか・・・ホントかウソかは知りませんが。)
てなワケで、お決まりの観光スポットの他に、父達が昔住んでいた家や、父がゴルフクラブで殴られて緊急搬送された病院なども見て回りました。

とりあえず、文字ばっかりでもアレゲなので、定番スポットその1、台北101です。

▲地上101階建て、509mの高さがある超高層ビルです。台北には結構高いビルがありますが、その中でも存在感は抜群。数キロ先の道路からでも見ることが出来ました。
定番スポットその2は九份です。

▲ジブリ作品、千と千尋の神隠しの舞台としても有名です。
九份自体は金鉱山で栄えた町で、かなり標高があるにも関わらず、商店街が立ち並んでいます。それ故坂や階段が多く、独特な雰囲気を作りながらもどこか懐かしさを感じるようなところです。


▲こちらは台湾の国鉄、台鐵です。この客車列車は日本の急行にあたるもので、キョ光号と呼ばれています。台鐵の客車の中には旧客のような手動ドアの車両もありました。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 23:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

大糸線

2009年12月25日13時00分~
普通列車で糸魚川を目指すわけですが、さすが特急街道北陸本線だけあって糸魚川まで到達する普通列車はあまりありませんでした。なので、とりあえず泊行きの普通列車に乗り、泊の手前の入善駅で次の普通が来るまで撮影して待つことに。

▲先ほどの富山貨物に停車していたEF81-2号機がやって来ました。
上沼垂色の485系やら413系やらを撮影して、次の普通がやって来ました。

▲3連の419系でした。ホーム端で撮影していたため、乗りこむために猛ダッシュ→三脚の足が一本折れたのは・・・
ちなみにその三脚は今でも現役です(笑)

で、糸魚川到着

キハ52-156(首都圏色)の入換を見物

それに乗る

頸城大野で下車

根知で交換してきたキハ52-125(鉄道省色)を撮影

国道148号線沿いに歩き、姫川近くで糸魚川で折り返してきたキハ52-125(鉄道省色)を撮影

根知で交換してきたキハ52-156(首都圏色)をほぼ真っ暗な中撮影し、それに乗って糸魚川へ戻る。

と、こんな感じでした。まあ、なんというか、やっぱり大糸線に無計画で来るのはやめた方がよかったですね・・・昼間の写真は全てイマイチ、夜の方がまだ見えるという感じでした。と、言うわけで夜の写真のみ掲載します(ぇ

▲姫川駅付近で撮影したキハ52ー125。

▲糸魚川駅で折り返し発車を待つキハ52-156.

▲今はもう取り壊されてしまったらしいレンガの機関庫。私が大糸線に行く時はいつもキハ52ー115(国鉄標準色)はヒルネしてるんですよね・・・
ちなみに上の3写真はすべて手持ちです。
この後は、本当はきたぐにで帰るのが一番安くていいのですが、この日の朝、親に「今日の晩帰るから」と言ってしまったので、北越とサンダーバードを乗り継いで帰ります。(もし、きたぐにに乗って帰っていたらボンネット代走のはくたかが撮れていたんですが・・・北越乗車中にすれ違っていたようです。)
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 22:28 | コメント(0)| トラックバック(0)

富山貨物パパラッチ

2009年12月25日11時20分~
糸魚川に行くため、普通の泊行きに乗りこみます。
空いていたので、富山貨物駅や富山機関区を撮影してみることに。
ちなみに、今回の記事の写真は見やすさの為にほぼすべての写真をトリミングしています。ご了承ください。

▲朝の運用を終えたキハ58・28が留置されていました。

▲EF81が大量に留置されている富山機関区。左には、岡山からやって来たキハ120もチラっと写ってます。
実はここにいる機関車達(左から112・29・38号機)は全て籍の無いユーレイ釜だったりするのですが・・・


▲東日本の赤2号を保持する112号機。2008年度末に廃車になっています。

▲これはただのDE15・・・と思われるかもしれませんが、全国に一両しかいない0番台の生き残りです。
ただ、使われているのかは定かではないですが・・・


▲これは休車中の125号機(多分・・・)と129号機です。ただ、129号機はその後割とすぐに復帰しています。

▲こちらは109号機。先ほどの112号機と同じ赤2号塗装で、廃車日も同じですが、こちらはパンタがもがれて高圧線が撤去されていますね・・・

▲これは1号機。これに関しては廃車から数年たっていますが、広島に送られることも無く放置されています。
保存予定でもあるのでしょうか・・・?


▲ちなみに1号機は前後でHゴムの色が違っています。

▲これは、165系クハ165から改造されたクハ455-302を含むA14編成です。ダイヤ改正後松任に送られたそうで、もう廃車になっているのかもしれませんね・・・

▲これはクハ451と471系モハユニットが含まれているA10編成です。これも危ないハズ・・・

▲これはサハ455-2を含むA01編成。これももう松任に送られたのかな・・・

▲富山機関区には廃車or休車のEF81ばかりでしたが、富山貨物駅の端にいたこのEF81-2はまだ現役で、この時も入換中でした。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 18:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

高山本線のキハ58

2009年12月25日6時30分~
西富山駅に到着し、キハ58・28を待ちます。さすがに冬至頃だけあって、日の出は遅く、ホーム照明以外ほぼ何もない状態での撮影となりました。

▲テラ微妙・・・
次に来るキハ120の3連の列車で二駅先の速星へ。

▲速星には化学薬品コンテナを積んだコキ106やコキ200が居ました。
どうやらここまでは貨物も来るようです。

速星から婦中鵜坂方に歩いてしばらく行くと、雰囲気の良さそうな直線があったのでそこで撮影することに。

▲残念ながらまだ日は当たらず。日が出ていれば順光なんですがねぇ・・・
越中八尾での折り返しまでかなり時間があるので、歩いて婦中鵜坂を越え、婦中鵜坂~西富山間の良さそうなポイントで待機します。

▲こういうの、一度やってみたかったんです。気動車の正面ドッカン。

▲こちらは後追い。あら・・・カツカツですね・・・
ここから少し歩いて、かの有名な神通川の支流である井田川に架かる橋梁へ。

▲橋梁のケーブルとか背景の倉庫とかがうるさいかなとも思いましたが、そうでもなかったです。
この後はなかなか橋の無い井田川を30分くらい大回りして渡り、西富山駅前の踏切の横へ。

▲どこか締まらないと思うのはやっぱりスノープラウが無いからなんでしょうか・・・



西富山での交換風景を駅外から撮影し、次の富山行きの列車で帰ります。(キハ58・28の運用はこの後夕方まで無いので。)
雪景色に国鉄色のキハ5828はとても似あいますね~今度は夏にも時間を見つけて行ってみたいです。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 17:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

富山にて

2009年12月25日4時30分~

▲EF81-25号機牽引の貨物列車。この数分後にもう一本通過して行きましたが、一番違いなので写真は省略。

▲富山に来た一番の目的はこのキハ58・28です。高山本線の増発実験用として二連二本が残り、平日の朝夕のラッシュ時に活躍しています。
国鉄色の編成と高岡色の編成が居ますが、この日は国鉄色の方でした。
ちなみに写真は越中八尾への送り込み回送です。


富山駅のこの時間帯は、10分と少しの間に夜行が3本も来るという素晴らしい時間帯でした。(改正前までは)
というわけで、3本連続でやって来る夜行を全て手持ちバルブで撮影します。

▲まずは日本海。EF81-45号機の牽引でした。

▲次に、今改正で姿を消してしまった北陸。牽引機はEF81-150号機でした。

▲こちらも改正で消えた能登。これは編成番号分からず・・・

▲能登の数分後には419系D-12編成の普通直江津行きも発車していきました。
この数分後に発車する高山本線の普通猪谷行きに乗車して、西富山駅へ。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 16:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

富山へ

2009年12月24日22時30分~
前回の東京旅行、本当は能登に乗車して北陸を回って帰ってくる予定だったのですが、大雪で運休になってしまったので仕方が無いのできたぐに利用で行くことに。
12月24日・・・去年のクリスマスイブですが、夜の22時半家を抜け出して大阪駅へ向かいます。

▲出来て間もない頃の11番線に停車しているB2編成のきたぐに。この編成は今でも動いているんですかね・・・?

▲今回は富山までなので自由席利用です。
予想通り乗車率は大阪~米原までのホームライナー利用を除くと25%以下でした。
1人で1ボックス占領させて頂きました。

米原で停車中に少し撮影し、近江塩津駅付近で雪がいきなり現れて驚き、敦賀を過ぎて北陸トンネルに入ったくらいで寝ます。
翌朝・・・とは言っても3時台ですが、目が覚めると金沢駅到着時刻を過ぎていました。
どうやらどこかで少し遅れたようです。でも20分ほどの遅れだったので金沢でほぼ回復し、富山到着は定刻でした。(金沢での撮影の時間が短くなりましたが・・・)
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 11:24 | コメント(2)| トラックバック(0)

帰宅

2009年12月21日14時30分~
まだまだ日があるのですが、青春18きっぷを買っている関係で出来る限り在来線で行きたいので、かなり早めに出発します。
まずは武蔵野線の旅客営業の終端である府中本町まで武蔵野線で行きます。ここで南武線に乗り換え、川崎へ。2分接続の普通沼津行きに乗り、三島へ。ここら辺で既に日は暮れています。ここから新幹線のチョイ乗り?で名古屋へ。余計な出費だ・・・

▲三島駅で見かけた伊豆箱根鉄道駿豆線の7000系。なかなかユニークな車両でした。
両先頭車が311系、中間の電動車が213系、さらに台車は小田急チックという・・・


▲名古屋には19時台に到着。当然多治見貨物と1090レの撮影の為です。
こちらは多治見貨物。今改正でEF66の運用に替わってしまいました。


▲こちらは1090レ。名古屋地区のEF65牽引の貨物は確か春日井紙貨物オンリーで、今はこの東海道貨物もその送り込みと返却の為だけの列車と化しているハズです。
名古屋地区での運用が消滅するのも時間の問題なんでしょうか・・・?
牽引機は1093号機でした。

ここからは普通列車を乗り継いで帰宅。相当遅い帰宅でしたが、終業式を休んで先生に迷惑をかけるわけにもいきませんしね。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 16:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

武蔵野線貨物

2009年12月21日11時00分~
新座も二度目なんですが、やはり両方向撮れるというラクさには勝てず・・・

▲この日は田端のEF65-1106号機を使用して、武蔵野線内の乗務員訓練をやっていました。
単機ですが、田端のカマはキレイですからいい被写体になってくれます。


▲これは・・・3461レですかね?EF65+ワムは密かに初めてかもしれません。

▲EF65-1041号機もタキ貨物でやって来てくれました。しかし編成が短い・・・

▲EF64-1019号機牽引のタキ貨物。カッコエエなあ・・・
実はこの他にもEF65-1079号機やら更新色のEF64-1000やらコキ104-5001やらEF65-1106号機の試運転(三回も)やらが来るんですが、そこら辺はバッサリカットで。
とりあえず今日中に帰らないと次の日の終業式に出席できないので、(終業式を平然と欠席したジョイフルとかいうゴミもいましたけど。)帰ります。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 15:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

あけぼの号客車回送

2009年12月21日10時00分~
田端から京浜東北線で大宮方面へ。特に行きたいところも無かったので武蔵野線でも行こうかと思っていたら、どうやら数日遅れのあけぼのが上野に向かっているようで・・・
とりあえずテキトーに川口駅で降車。しかし、少し撮影地をミスりましたね・・・
京浜東北線の主要な車両基地と言えば南浦和、ラッシュが終わったこの時間、回送同然ですが、北行の南浦和行きが大量に運転されるのです。
というわけで、非常に被りが心配だったのですが、ギリギリセーフでした。

▲望遠が足りなかったので少しトリミングしてます。
しかし雪が凄いことになってますね~


▲そしてこういうカーブのところで雪を撒き散らしていきます。
キレイですなあ・・・

この後は南浦和へ行き、武蔵野線に乗り換えて新座へ。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 15:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

尾久・田端見学

2009年12月21日8時30分~
ここに来るのは三・四度目ですが、また尾久にやって来てしまいました。

▲新前橋の211系にまだ幕車がいたとは・・・驚きです。同じ211系でも、田町のと新前橋のとではかなり仕様が違いますね。
ここらへんも後の転属計画とかが関係しているのでしょうか・・・?


▲ここの209系は相変わらず。むしろ数が増えて、夏に疎開回送を見かけた58編成が仲間入りしていました。

▲ゆとり用14系は公道からよく見える位置に留置されていました。

▲尾久から歩いて田端へ。PFはいつも通りで、長岡のEF64-1031号機が待機していました。
これはこの後鎌倉に行ったんだったかなあ・・・?
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 14:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

早朝の大宮駅にて

2009年12月21日4時30分~
もちろん大宮に泊まったのは早朝の貨物を撮影するためで、京浜東北線の初電が4時半発のこの駅は4時頃から普通に改札が開いています。恐ろしい・・・

私はと言うと、4時半くらいに目が覚めて大宮駅に到着したのが5時。若干遅いかな・・・

▲一発目はEF65-1084号機の単機回送。
ちなみに、こんな感じで撮影していました。
・とりあえず下り貨物は中線を通るので11番線に待機。

4番線の通過案内放送が聞こえたら猛ダッシュして上り貨物を撮影。


▲EF64-1045号機牽引の貨物。この線はとても流し撮りがやりやすかったです。(流し撮りと言えるほどの速度ではないですが・・・)

▲EH500ー57号機牽引の貨物。

▲EF65-1139号機牽引の貨物。

▲これは珍しく6番線を通過したEF64-1022号機牽引の貨物。雪が貨車に降り積もっているので上越貨物かな?

▲遅れ北陸の客車回送・・・なんですが、見事に被ってますね。欲張らず向こう側のホームから撮れば良かったと後悔しています。

▲日が昇った後、EF65-1078号機の単機回送。

▲EF65-1072号機の貨物。原色二連とは運がいいなあ・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 21:42 | コメント(2)| トラックバック(0)

新鶴見機関区にて

2009年12月20日14時30分~
また随分と更新を滞らせてしまいました・・・

大宮工場留置のEF65-1116号機を撮影した後は、特に意味も無く大宮に居て、特に何も来ないままに時間を無駄遣いした後、また気まぐれに新鶴見機関区に行きたくなったので湘南新宿ラインを使って行くことに。

▲車内からの撮影ですが・・・南浦和到着寸前の為、快速磯子行きの幕で北行線路を走る209系。
で、まあ新鶴見機関区の最寄りである新川崎に到着するわけですが・・・
詳細記事はバッサリとカットします。
↓詳細は下の個別記事から~(ぇ
http://tetsudo-omomuki-comp.blog.hobidas.com/
ちなみに確認出来たのは・・・
EF65ー1041・1050・1065・1069・1079・1087・1089・1092・1096(テント内)・1127(テント内)
です。

以下超抜粋。

▲明らかに他機と青の色合いが異なるEF65-1089号機。同機の特徴である蛍光灯カバー跡も残っています。

▲テントの中のカラシ扉が見えるかと思いますが、1127号機です。もう一年ほど動いておらず、今後の動向が全く分かりません。
ただの延命処置ならいいのですが・・・


▲ノーコメントで。

▲撮影不可能になる直前に発車したEF65-1050号機牽引の貨物を撮影し、撤収します。
ちなみに1050号機は前回全検が20年4月で、是非岡機に来てもらいたいものです。

この日の晩は急行能登に乗って北陸方面に向かう予定だったのですが、大雪の影響で運休に・・・
仕方が無いので大宮の夏に泊まったホテルに事情を説明して予約なしで泊めてもらうことに。

能登の普通車シートはかなり座り心地が良かったような記憶があるので、もう一度乗りたかったのですが・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 21:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

大宮工場のEF65-1116号機

2009年12月20日11時30分~
秩父鉄道の撮影を終えた後、高崎線の列車に乗ってまた上野方面へと帰っていくワケですが、その途中、宮原~大宮間の線路沿いにあるJR貨物と東日本の大宮工場の敷地内に、旧高崎機関区のEF65-1116号機がいるようなので、ちょっとばかり車内から撮影を。

▲こちらは秩父鉄道の熊谷駅。私はまだブルー編成が動いてるのを見たことがありません・・・

▲去年の大宮工場公開以来ここに留置されている1116号機。部品取り用とも言われていますが、どうなんでしょう・・・

▲大宮駅に停車中のEF65-1065号機。

▲判りにくいですが、列車番号9000番台の普通大宮行き。この日は、浦和駅のホーム高架化工事が行われていて、そのため大宮折り返し列車が多数設定され、東北本線や高崎線の上野行きの列車も貨物線経由(要するに湘南新宿ライン)で運転されていました。
この後、大宮から湘南新宿ラインに乗り、新川崎を目指します。(また)新鶴見機関区です・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 20:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

秩父鉄道 新郷~武州荒木にて その2

2009年12月20日9時30分~
さて、さっさとレポを進めていこう・・・自分が忘れないうちに・・・

▲1000系の、通称「白編成」。リバイバルカラーが続々登場しているお陰で、いつの間にか結構少なくなりました。

▲上の折り返し。本数の少ない熊谷行きの区間列車です。

▲やっとLEDがちゃんと写ってくれた6000系。影森行きです。

▲1000系カナリア編成がやってきました。
カナリアの3連は過去に鶴見線に実在し、さらに間もなく同型クーラーを載せた広島の103系D編成が黄色で出てきますね。


▲また来た7000系。しかしこちらは第一編成です。先頭車化改造車を含んでいないため東急8500系そのままの顔・・・なんですが・・・帯色が変わるだけで随分と印象も変わるもんですね。
私は赤帯やいずのなつ色の方が好きですが・・・


▲先ほどの1000系カナリアの折り返し。
ここまで撮影し、11時台になると列車本数が落ちるので撤収します。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 19:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

秩父鉄道 新郷~武州荒木にて その1

2009年12月20日8時30分~
旧101系の秩鉄1000系に揺られること十数分、新郷駅に到着です。これで400円ちかくします。高い高い・・・

▲新郷駅では大部分の列車が交換します。この時も左には都営6000形の姿が・・・
構内踏切を渡り、駅長さんに切符を渡した後(ここら辺が凄いですね。ちなみに埼玉県内です。)、撮影地に向かいます。

▲片持ち式の架線柱なので車体が被らないんですよね。ここら辺は。
しかし・・・旧西武新101系の6000系ってどんだけLED写りにくいんですか・・・
これでもかなりシャッタースピード落として1/125くらいなのに・・・


▲先ほどの秩鉄旧色の編成が羽生で折り返して来ました。
あ・・・影森行きだ。


▲やって来ました。東急8500系からの改造の7000系。こちらは第二編成で非貫通型です。
先頭車改造車だけあってかなり変わった顔してますねえ・・・
先ほどの6000系とは対照的にこちらはLEDが写りやすいです。


▲元都営6000形の5000系です。三両に短縮されながらも元の塗装を保っていて私的には1000系の次に好きな車両です。
地元のアルナ工機製の車両も結構あったりします。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 12:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

秩父鉄道へ

2009年12月20日6時50分~
久留里線へ行ってしまったので、他に特別に行きたいところはもう無いので、あとは気分次第で行動していきます。
この日は賭けみたいな感じで自分の行き先を決めてました。
「朝4時に起きたらひたちなか海浜鉄道に行こう。」
「朝7時に起きたら秩父鉄道に行こう。」
当然のことながら疲れていたので朝4時に起きれるハズもなく・・・、結果的に6時過ぎに起きたので秩父鉄道になりましたとさ。

▲夜には当然気付きませんでしたが、東京スカイツリーの建設中の姿を見ることができました。
浅草なので結構近いのかな?


▲上野駅地下ホームにリゾートエクスプレスゆうが停まっていました。
ここからは高崎線の普通で熊谷へ。

▲太陽高度が低いのですごい逆光・・・総武緩行線色・秩鉄新色・6000系の並びです。

▲秩鉄新色の1010Fの三峰口行き普通。コレには乗りません。

▲秩鉄旧色の1007Fの羽生行き。
1007Fの羽生行きに乗り込み、新郷駅(3度目・・・)を目指します。車内温度低下防止のため、ドアは半自動でして、手で開けなければいけないため、戸惑っているお客さんもかなりいました。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 11:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

大宮駅にて

2009年12月19日17時20分~
新秋津を離れて、武蔵浦和のロッテリアで早めの夕食をとり、空いていた埼京線で大宮駅へ。

▲EF81-96号機牽引の北斗星。停止位置がかなり前なので若干流して撮ってます。

▲まさか中線に停車しているEF210のタキ貨物をEF65のタキ貨物が追い抜かしていくとは思っていなかったので後追いになってしまいました。
牽引機はEF65-1078号機。


▲489系の舞浜臨の送り込み。本運転は無理なのでせめてものの送り込みだけでも・・・ということです。

▲東大宮操から大宮操までの時間から多少は停車するだろうとは思っていましたが、結構長い間停まっていてくれました。
しかし・・・ほとんど撮影者が居なかったのには驚きです。


▲EF65-1067号機牽引の貨物列車。突然来たのでホームを移動できずこの有様・・・
ほとんど撮影したことのないカマだったのに・・・

この後は、東北線で上野へ。

▲双頭連結器装備のEF64-1032号機牽引のあけぼの。
あけぼのだけ撮って東京メトロ銀座線で浅草へ。今まで何度も泊ったスカイコート浅草にチェックインします。
で、そのまますぐに爆睡。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 20:03 | コメント(2)| トラックバック(0)

武蔵野線 新秋津駅にて

2009年12月19日13時40分~
松戸に常磐緩行線に乗って向かうのですが、なぜか沿線に異常な数の撮影者が・・・
なんでだろうと思って松戸でしばらく待っていると、コレでした。

▲人が多すぎたので快速線のE231系の車内から撮影。まさかまたコイツを撮ることになろうとは・・・6回目です。
この後はまた常磐緩行線に乗って新松戸へ、武蔵野線に乗り換えて昼寝しながらぐるっと大回りするカタチで新秋津へ。

▲203系のマト56編成。結構よく会う編成です。
途中、新三郷駅にEF64の重連が停まってました。

▲大宮経由で高崎線に向かうと思ってましたが、新秋津に来たEF64重連の貨物。
どうやら中央線方面行きのようです。落ち葉対策?
何気に更新色重連を撮るのは初めてです。


▲EF64-1023号機牽引の貨物。

▲おそらく越谷ターミナルから来た単機回送。EF65-1074号機。
ここら辺でジョイフルさんが中央線の201系を撮るため離脱します。私は今から行っても当然走行写真なんて撮れないのでパス。新秋津に残ります。

▲EF64-1007号機牽引の貨物。そろそろヤバくなってきた。

▲EF65-1138号機牽引の貨物。ここまで撮って撤収。
さすがに土曜日は本数が少ない・・・なんで土曜に来たんだろう・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 19:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

常磐緩行線 綾瀬駅にて

2009年12月19日12時40分~
新浦安から武蔵野線直通快速に乗り、新松戸駅へ。常磐緩行線の撮影です。

▲営団6000系未更新車の唐木田行き。幕車はやっぱりいいですね~
どこへ行くのかと言うと、東京メトロとJRの境界駅である綾瀬駅です。ちなみに、JRのきっぷで東京メトロの北千住までは乗れるそうです。
何故綾瀬・・・なのかと言いますと、常磐緩行線の頻度が朝夕ラッシュとデータイムとで全く違うからです。(てか、昼間に常磐緩行線の撮影に来ること自体間違っているんですが・・・)
朝夕はひっきりなしにやって来る常磐緩行線。でも、昼になると10分くらい間が開き、かなり使いづらい、そして撮りづらい。
なので、せめて綾瀬折り返し便のある綾瀬に行こうじゃないかという建前です。(本当は単に北綾瀬支線にが行きたかっただけなのですがね。)

▲北綾瀬支線の5000系と本線の6000系(これまた幕車)との並び。
私的にはとてもいいと思ったのですが、ジョイフルさんには「203が5000と被る。邪魔」とものすごく不評でして・・・


▲営団6000系が3本続けて来ていてジョイフルさんがかなり不機嫌になってきたところに、トドメのE233系です。デザイン的にはあまり私は好きではありません。東西線直通用のE231系800番台の方が私は好きです。


綾瀬駅はとにかくジョイフルさんから不評だったので、松戸に戻ります。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 21:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

蘇我駅にて

2009年12月19日09時40分~
蘇我駅で撮影をするのですが、ちょうど一年ほど前に全く同じような記事を書いたような気がするので(もうその記事は非公開設定にしてますが・・・画像サイズが小さいので・・・)かなり端折ります。

▲ホームを挟んでいますが湘南色113系と京葉線201系の並びです。

▲十連の209系とE257系500番台の並び。まだまだ209系は内房・外房線では少数派ですが、その内こればっかりに・・・
個人的に209系は無理矢理入れた感があるのですが・・・


▲113系S62編成の千葉折り返しも撮影。
結局蘇我駅には一時間ほど居て、その後は京葉線内に入っていきます。

▲途中、検見川浜駅で撮影したEF65ー1067号機牽引の貨物。順光で、しかも編成全体の入る長い直線が良いですね。
ちょっと寄り道しながら、着いたのは新浦安。ここに来たのは・・・3回目くらいかな。9年ほど前に東京ディズニーランドに連れて来てもらったときにホテルがあったのがこの新浦安でした。(その頃は103系も走っていたんだろうけど何故か全く記憶ナシ・・・何故か201系の記憶の方が多い)

▲新浦安に着いて早速やって来たのが201系の52+K2編成。
ついこの間まで貫通編成の70番台編成もあったような気もしますが、209系500番台の転入で残っているのは分割編成のみ。
ちなみに、この編成はシングルアームパンタ装備です。


▲その次の普通も201系。この日確認できた201系は3編成。あれ・・・思ってたより多いです。

▲201系と209系500番台の並び。完全に主観ですが、京葉線はワインレッドよりもスカイブルーの方が合っているような・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 21:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

久留里線 馬来田駅にて

2009年12月19日07時50分~
馬来田駅で木更津から乗って来た列車から降ります。
特にここで降りた意味は無いのですが・・・

▲今は使われていない交換用ホーム跡がありました。

▲久留里で先ほどの列車と交換してやって来た列車。キハ38と37が一両ずつの編成でした。
この日の朝の稼働状況はキハ38が7両(3・3・1両)、キハ37が3両(1・1・1両)とキハ30以外はフル稼働でした。(笑)

この後、撮影した列車に飛び乗って木更津へ戻ります。
二両でしかも上りだったので比較的乗車率は高かったです。(席が全て埋まる程度)

▲今回は行き、帰り共にキハ38の乗車でした。今度来た時にはキハ30に乗れたらいいな・・・(一応乗ったことはあるんですが停車中のみなので・・・)
千葉方面に向かう列車を待っていると、まさか来るとは思っていなかった湘南色が・・・

▲1000番台の湘南色、久しぶりに見ました。(東海道時代以来)
まあ、113系1000番台の湘南色6連、撮るのにはいいのですが乗るのはちょっとこの時間帯キャパが小さい・・・
乗車率が高すぎて、これまた1年半ぶりに寄ってみたかった小湊鉄道の五井で降りれなかったという・・・
で、結局下りたのは蘇我です。蘇我は3度くらい行っているので他の撮影地が実は良かったのですが、効率の良さをジョイフルさんが取ったので仕方ありません・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 20:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

久留里線 横田駅へ

2009年12月19日07時00分~
木更津駅で待っていると、久留里線列車がやって来ました。

▲やはり朝なので増結があり、4連での運転でした。
見にくいのですが、キハ38を基本とする編成中に、三両目に一両だけキハ37が組み込まれています。


▲反対側もキハ38。キハ30が休んでいるので、キハ38を中心とした組成になるのは当然なのですが、ちょっと物足りないかも・・・
2年前くらいの夏に木更津駅までは来たことがあるのですが、時間の関係で線内まで踏み込めなかったので、今回は線内まで行ってみます。
意外にのんびりとした速度で、でも割と早くに最初の交換駅である横田駅に到着しました。

▲横田駅にて。遠くに対向列車の接近が見えていても踏切が鳴らないので、構内踏切から撮ってみました。

▲太陽高度が低い上に逆行という、一番嫌な光線の下やって来た対向列車。

▲4連のディーゼルカー同士の交換。なかなか壮観です。
しかも、編成の組成まで全く一緒。(木更津側3両目にキハ37、それ以外はキハ38)

ところで、久留里線 横田駅といえば、

▲コレですよね。タブレット交換は初めて見ました。
タブレット閉塞とはタブレットと言う通票を持っている列車しかその閉塞区間に入れないようにすることによって列車の衝突を防止する安全装置の事で、今ではATSの普及によってほとんど見かけなくなて来ています。

タブレット交換の手順は以下の様な感じで、

駅長さんが木更津からの列車から木更津~横田間用のタブレットを受け取る。
ポイントを切り替える。
上総亀山からの列車から久留里~横田間用のタブレットを受け取る。
上総亀山からの列車に横田~木更津間用のタブレットを渡す。
上総亀山からの列車が発車する。
木更津からの列車に横田~久留里用のタブレットを渡す。
木更津からの列車が発車する。

その為に交換駅ではかなり長い時間がタブレット交換の為に取られます。
タブレット交換を見学した後、また同じ列車に乗り込みます。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 19:44 | コメント(2)| トラックバック(0)

木更津駅にて

2009年12月19日05時00分~
ムーンライトながらから降り、幕回しをしばらく観察したあと、東京始発ですいている総武快速線の君津行きに乗り、早速木更津に飛びます。
舞浜臨などもあったそうですが、パス。何よりも早く木更津に着くことを優先します。
この日は土曜日。データイムは2連が基本の久留里線も、朝だったら増結されているかもしれないと思ったからです。
木更津に着いて、久留里線の列車まで結構時間があったので、木更津の駅構内を観察します。

▲日が出る直前の木更津駅。国鉄色キハ30とDE10に囲まれて、10連の209系が居心地悪そうにいます。

▲木更津駅から出て撮ったキハ30-98。復元国鉄色に補強板が目立ちます。
なんとなく関東鉄道のキハ35と色調が違うような気が・・・


▲先日、キハ30-62が復元国鉄色で出場したことによって、最後の久留里色キハ30となってしまったキハ30-100。
この時はキハ30-62が郡山に入場中、98と100が木更津留置ということで、稼働車ゼロでした・・・(涙)


▲すっかり馴染んだ房総209系とキハ30。続々と勢力を増している房総209系ですが、まだ運用はあまり増えてない様子。まあ、総武本線は知りませんが・・・

▲土曜の朝に京葉線直通の快速があるとはこれは予想外。しかも、留置線の113系と並んでくれました。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 14:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

静岡貨物駅のEF65-1048号機

2009年12月18日19時00分~
名古屋駅で1090レを撮影した後、直後にやって来るはずの石灰石貨物が運休だということを確認して、いつも通りホームのきしめんを食べてやって来た特別快速で岡崎へ、岡崎で普通の静岡行きに乗り換えます。
実はこの普通列車、沼津折り返しでながらに車中泊するために8月にも乗ったことのある普通で、これで乗車は二度目です。
二時間ほどかけて静岡到着後、これまた5カ月ほど前にも乗った普通沼津行きに乗車し、東静岡へ。静岡貨物駅に行きます。
しかしながら、やはり下調べゼロだっただけあって迷う迷う・・・
静岡貨物駅が静岡~東静岡間にあると思っていたので、迷うのは当然ですが・・・(本当は東静岡~草薙間にある)
で、予定よりもかなり遅くに静岡貨物駅に到着。

▲ワムも見える夜の静岡貨物駅。終電後で旅客車の姿は既に見えませんでしたが、貨物列車はひっきりなしに発着していました。
で、何を見に来たのかと言うと、ここで乗務員訓練用として使われているEF65-1048号機です。同機は高崎機関区から新鶴見機関区に転属した後稼働せず、ずっと静岡貨物駅に留置されていました。
陸橋の上から撮れるポイントにいるのを確認し、三脚を立てて撮影しようと思ったのですが、風がものすごく強い上に道路を車が走る度に揺れる揺れる・・・
三脚が全く使い物にならなかったので、何とか手持ちで頑張ってみることに。

▲さすがに多少の手ぶれはありますが、0.5秒も露光させていたのですから仕方ないです。

▲こちらは反対側。不思議とマシですね。撮影条件は全く一緒なのに・・・
静岡貨物駅での撮影終了後、終電後なので静岡駅まで数キロ歩きます。
静岡駅の改札が開く少し前に静岡駅に到着し、中に入りながらの到着まで通過する貨物列車を撮影して待っておきます。
で、ながらに乗り込み東京へ。さすがにこれ以降乗ってこないだろうと思った沼津駅発車まではデッキに立っておいて、沼津駅発車後に空いてる席に座らせてもらいます。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 18:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

EF510甲種続き・1090レ

2009年12月18日17時00分~
まだ甲種を追いかけます。もうこのまま名古屋方面へと行ってしまおうかとも思ったのですが、彦根駅で時間がとれると分かったので、彦根駅で降ります。
私の乗っていた普通の後を追って来ていたようで、すぐにやって来ました。

▲姫路方面行きの普通と被る寸前だったので、ライトがちょっと見えてますね。
で、続行の普通で米原に行くと、米原操に停車していた甲種がまたやってくるとのこと。

▲駅名板が白飛びしないようにはなりましたが、画像の粗さが最悪ですね・・・
没。

ここからはまた柏原停車とかもあるのですが、時間の関係でパス。
大垣駅で乗り継いで一気に名古屋に飛びます。

▲稲沢から新鶴見行きの1090レ。流すつもりでしたが、ノロノロだったのでかなりのスローシャッターでも止まってくれました。
牽引機は三色更新色の1057号機。

米原まで偶然同じ電車に乗り合わせていたジョイフルさんでしたが、ここ名古屋から別行動です。
なにせ私は当日のムーンライトながらの切符を取得できませんでしたから・・・
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 17:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

EF510-500番台甲種輸送

2009年12月18日14時00分~
「あけましておめでとうございます」の挨拶が遅れてしまいました。ウチの祖父の故郷みたいなものである台湾にちょっと行ってきたので更新が遅れました。
今年も皆さんよろしくお願いします。

まあ、いつも通りなんですが、私の旅の計画はとりあえず宿だけとってあとはほとんど何も決めずに行きます。
今回は、関東に行ってとりあえず久留里線に行くこと以外は何も決まっていませんでした。
なので、その旅がどう転ぶかは私の気分次第。つまらなくもなるし面白くもなります。

では初日、12月18日から・・・

学校の期末テスト返却が終了し、終業式まで三日も間の休みがあるので、その間に旅行に行くことにしました。

18日はEF510ー501号機の甲種輸送が川崎重工から田端機関区へあるということで、まずは芦屋駅へ急いで向かいます。
みどりの窓口で青春18切符を買い、ホームへ。
しかし芦屋駅は両端ともにすごい人・・・とりあえず大阪方の端へ・・・

▲DE10-1743号機の牽引でやって来たEF510-501号機。青地に金帯、さらに流れ星入りと、かなり北海道のDD51に似た塗装ですね。
このような特急用塗装をしているので、そのうち北斗星やカシオペアの牽引をするかも・・・おそらく所要数が揃うまでは常磐貨物を牽くと思いますが・・・

次に高槻駅へ。ここもかなりの人が居ました。

▲吹田信号所でDE10からその日の朝に新鶴見からやって来たEF65-1080号機にバトンタッチされ、さらにメーカーの人の控え車としてヨ8000が中間に連結されてやって来ました。
この甲種は向日町に数十分停車するのですが、釜出しでEF65のまともな写真は撮れないと思ったので飛ばして山科へ。私が着いた時にはあまり人はいませんでしたが、しばらくするとここもかなりの数に・・・

▲EF66-52号機牽引の貨物。幡生方面からの遅れ貨物を先行させる為、甲種は向日町の発車がかなり遅れていました。

▲日本海縦貫線も結構な遅れで、これは何レかすら分かりません。
あ・・・赤2号の76号機・・・後打ちしか出来ないのは残念。


▲結局、山科には日が山に隠れてからやって来た甲種。
2009年冬の旅 | 投稿者 鉄道模型の趣 11:49 | コメント(0)| トラックバック(0)
ブログパーツ
<<  2011年 3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ ←一応、ブログランキングに参加しています。 クリックはご自由に・・・
ホビダス[趣味の総合サイト]